現実という名の怪物と戦う者たち
(與名為現實的怪物戰鬥的人們)

作詞∶高橋優
作曲∶高橋優
歌∶高橋優

どうして僕だけがこんなに辛いのかといつも思ってた
(我常常在想為什麼只有我如此辛苦)
周りの人ばかり幸せそうに見えた
(周圍的人看起來總是那麼幸福)
だけど君と話したら少しだけだけど気が楽になった
(但是和你聊過就會變得輕鬆起來)
似たようなことを打ち明けてくれたからかな
(大概是因為我們彼此想法相似吧)

顔の見えない現実がときに怪物のように
(無形的現實有時會像怪物般襲來)
僕らの志を潰そうと押し寄せてくるけれど
(企圖把我們的意志壓碎擊潰)

出會えて良かったと心から言える
(但我真心覺得能遇見你真好)
人が少しずつ増えてく
(朋友也在逐漸增多)
その溫もりを噛み締めながら
(一同品嘗那份溫暖)
支え合ったり卑屈をぶつけ合ったり
(相互支撐著不要卑躬屈膝)
獨りじゃ辿り著けない場所に
(一個人無法到達的地方)
僕らは今きっと赴いている途中
(我們就在趕往那裡的途中)
途中
(途中)

それは傷の舐め合いだ綺麗事だと笑う人もいるよ
(的確互舔傷口的漂亮事 會被人們嘲笑)
少し前まで僕もそう思っていたよ
(不久前的我也曾一度這麼認為)
だけど信じられる人がいると日々が少し明るくなる
(遇到值得信賴的人以後 日子稍許明亮起來)
意固地になっていた自分のことも分かる
(也了解到自己曾經是那麼的固執)

いつまでも一緒にいられるわけじゃないことは
(不能永遠在一起的含義)
なんとなく分かっているけれど今は手を取り合える
(雖然我還不是很明白 但只要牽起手就好)

想い描いている景色の中では
(在我腦海中所描繪的景色裡)
必ず君が笑ってて
(你一定是微笑著的)
同じ喜びを噛み締めている
(一同品味那份喜悅)

信頼を置けたり誰より腹立てたり
(背叛信賴的話會非常生氣)
獨りじゃ過ごし得ない時間を
(一個人也無法度過這段時間)
僕らは今きっと歩めているから
(此刻你我一定在其中前進)

失ったもの指折り數えたその後で
(屈指一數失去的東西之後)
今ある希望とこれから手にする光を
(將現存的希望與手中的光芒)
數えてみるんだ
(試著細數一遍吧)

出會えて良かったと心から言える
(但我真心覺得能遇見你真好)
人が少しずつ増えてく
(朋友也在逐漸增多)
その溫もりを噛み締めながら
(一同品嘗那份溫暖)
支え合ったり卑屈をぶつけ合ったり
(相互支撐著不要卑躬屈膝)
獨りじゃ辿り著けない場所に
(一個人無法到達的地方)
僕らは今きっと赴いている途中
(我們就在趕往那裡的途中)

途中
(途中)

歌詞來源:
轉自千千靜聽
〖 LRC By 賴潤誠卐地獄門歌詞組 〗
〖 翻訳 By 伊達流星〗