「兇夢伝染」
 
蒼(あお)き明日(あした)過去(かこ)は死(し)せリ
君(きみ)はまた孤獨(こどく)を抱(ほう)く
夜(よる)をおおう目蓋(まぶた)開(ひら)け
もがき聲(こえ)を恐(きょう)れ怖(ふ)がれ
仄くらき柩(ひつぎ)から
うみおとされた人形(にんぎょう)のように
體(からだ)は赤(あか)く毀え
心(こころ)は闇(やみ)にあやされ育(そだ)つ
君(きみ)に僕(ぼく)が見(み)えるかい
つなぐ手(て)の冷(つめ)たさに
鮮血(せんけつ)のつめたてる
眉寄(まゆ)せてごらんよ
壊し(こわし)合(あ)おうさきに続(つづく)
謎〔なぞ〕に満(み)ちる結末(けつまつ)を
羽(はね)も腳(あし)ももがれたまま
虛空(こくう)のなか朽(く)ち果(は)てるより
もうひとり僕(ぼく)がいて
誰(だれ)かを痛(いた)いほど愛(あい)しているんだ
さぁどっちが幻(まぼろし)だろうね


劈(つんざく)絕叫(ぜっきょう)より
おぞましきもの人(ひと)の囁(ささや)き
悪し(わる)き言霊(ことだま)ばかり
心(こころ)やづり伝(つた)わってゆく
僕(ぼく)は君(きみ)に觸(ふ)れていたい
たとえみんな消(き)えても
騙(だあ)されてあげようか
綺麗(きれい)に笑(わら)いなよ
交(か)わし合(あ)おう戀(こ)うるように
いつかつづられる夢(ゆめ)を
血(ち)と涙にぬりれたって
待(ま)ってるのは絕望(ぜつぼう)じゃない
もうひとり君(きみ)がいて
誰(だれ)かを殺(ころす)ほど傷付(きずつ)けていても
ねぇいったい罪(つみ)って何(なん)だろう


蒼(あお)き明日(あした)過去(かこ)はしたり
ぼくはまだ孤獨(こどく)をしる
夜(よる)をおおう目蓋(まぶた)開(ひら)け

壊し(こわし)合(あ)おうさきに続(つづく)
謎〔なぞ〕に満(み)ちる結末(けつまつ)を

羽(はね)も腳(あし)ももがれたまま
虛空(こくう)のなか朽(く)ち果(は)てるより
ああここに僕(ぼく)らはいる
ほんとは痛(いた)いほど
生(い)きていたいんだ
もぅとっくに答(こた)えは分(わ)かってるね?