氷菓 OP「優しさの理由」

 

作詞:こだまさおり 

作曲、編曲:宮崎誠 

唄:ちょうちょ

 

退屈な窓辺に吹き込む風に

顔をしかめたのは 照れくささの裏返し

 

曖昧にうなずく手のひらの今日

描いてる自分は少し大げさで

何か変わりそうな気がしているよ

心に呼びかける君のせいだね

 

曇り空 のぞいた予感

手をのばそう いつよりも力強い勇気で

 

光も影もまだ遠くて それでも僕らは

優しさの理由が知りたい

今は誰の名前でもない 輝きの彼方へ

全部過去になる前に 見つけに行こう

 

この世界はまるで頼りないねと

うそぶく僕の目をからかうように

君が見てる空は何色だろう?

きっと青く高く清らかなはず

 

すれ違い 近づきながら

いつの日か 戸惑いも受け止めていけたら

 

言葉のままじゃもどかしくて だから何度でも

不器用に重ねてしまうね

喜びも悲しみもここで 意味が生まれること

ふたり気づきはじめてる その理由も

 

言葉のままじゃもどかしくて

何度でも 不器用に重ねてしまうよ

声にならない切なさごと

この想い、君に届け

 

光も影もまだ遠くて それでも僕らは

優しさの理由が知りたい

今は誰の名前でもない 輝きの彼方へ

全部過去になる前に 見つけに行こう

 

君が過去になる前に 見つけるから