orange





Music&Lyrics:少年T



Vocal:鏡音レン



Illust&Movie:たま

 







空(そら)を​​茜(あかね)に染(そ)めだした

天空被染成了玫瑰色



 夕方(ゆうがた)5時半(ごじはん)の帰(かえ)り道(みち)

傍晚五點半的歸途上



ねえ、僕(ぼく)はどこへ向(む)かえばいい?

呐、我要往哪裡去比較好呢?





黒(くろ)いコンクリートの柱(はしら)が

黑色的混凝土柱



綺麗(きれい)に並(なら)んだみちしるべ

美麗的並列著宛如路標般



今(いま)、不確(ふたし)かな未來(みらい)へ歩(ある)いてゆく

現在、朝著不確定的未來前進吧





懐(なつ)かしい記憶(きおく)も

不管是令人懷念的記憶裡



最高(さいこう)で退屈(たいくつ)だった日々(ひび)も

還是讓人覺得超無趣的每一天



そこにはいつも君(きみ)がいたから

那裡總是有你的存在



君(きみ)がいない今(いま)を

但你已經不在了的現在



生(いき)きれないんだよ

我卻覺得好像快活不下去了





オレンジの教室(きょうしつ)に浮(う)かぶ君(きみ)の姿(すがた)が

橙色的教室裡浮現出的 你的身影



何(なに)かを探(さが)して空(そら)を​​見(み)る窓際(まどぎわ)の君(きみ)が

像在找著什麼看著天空的 窗邊的你



ふざけて歩(ある)く帰(かえ)り道(みち)のあの笑顔(えがお)がまだ

談笑著走在回家的路上時的 那個笑容



僕(ぼく)を苦(くる)しめるんだ

至今都還讓我困擾不已啊





ゆっくりと二人(ふたり)手(て)を

兩個人牽著手



繋(つな)いで歩(ある)いた帰(かえ)り道(みち)

慢慢的走在回家的路上



少(すこ)し足(あし)をつまずきながら

稍稍的絆著腳步



話(はな)す言葉(ことば)にもつまずきながら

說出的話也有點笨拙





明日(あした)も晴(は)れればいいねなんて

明天也是好天氣就好了之類的



そんな事(こと)はどうでもよくって

那種事情不管怎樣都好啦



いつまでもこの幸(しあわ)せが

続(つづ)くように祈(いの)ってた

這份幸福都能不斷延續下去啊





流(なが)れてく時間(じかん)と

不管過了多久



すれ違(ちが)ってく人(ひと)込(こ)みの中(なか)で

就算與人群中的其他人們



どんな優(やさ)しさに巡(めぐ)り會(あ)ったても

有再怎麼美好的相遇



君(きみ)以上(いじょう)なんてありえないんだろう

比你更好什麼的是絕不可能的



どれだけ素敵(すてき)な言葉(ことば)で

歌(うた)ってもきっと

儘管唱出多麼美好的話語 一定



君(きみ)だけにはその一つ(ひとつ)さえ

屆(とど)かないんだろう

連個隻字片語 也無法傳達給你吧



どれだけ君(きみ)を思(おも)っても

求(もと)めたとしても

儘管是多麼的思念著你、需要著你



遠(とお)ざかるだけなんだろう

大概也只會不斷的漸行漸遠吧



  
儘管唱出多麼美好的話語 一定

あと少(すこ)し僕(ぼく)が君(きみ)を大切(たいせつ)に思(おも)えたら

只差一點我就可以非常珍惜你了



あと少(すこ)し僕(ぼく)ら互(たが)いを分(わ)かり合(あ)えたなら

なんて

只差一點我們彼此就能互相瞭解了 爲什麼



諦(あきら)めなきゃって理由(りゆう)はたくさんあるけど

放棄的理由實在是太多了



好(す)きだって一つ(ひとつ)のキモチには勝(か)てないんだ

喜歡什麼的 其中一種心情 就是贏不了啊

 



オレンジの教室(きょうしつ)に浮(う)かぶ君(きみ)の姿(すがた)が

橙色的教室裡浮現出的 你的身影



何(なに)かを探(さが)して空(そら)を​​見(み)る窓際(まどぎわ)の君(きみ)が

像在找著什麼看著天空的 窗邊的你



ふざけて歩(ある)く帰(かえ)り道(みち)のあの笑顔(えがお)がまだ

談笑著走在回家的路上時的 那個笑容





僕(ぼく)を苦(くる)しめるんだ

至今都還讓我困擾不已啊