真夜中の詩が叫んだ「僕ほんとうは あの日からずっと…」
深夜裡 歌聲憾天「其實我從那天起便一直…」

赤く透き通る夕暮れの後星達は空に座り それぞれの音を奏でていた
沁透泛紅的夕陽之後 星星們盤旋空中 演奏出各式各樣的樂曲

素直になれと言われなくても
就算不告訴我要坦率點

涙はもう 僕の想いを連れて足元で小さな海になった
淚水已伴隨著我的思念 於腳邊聚成小小的海



空は動かない 陽が昇り降りるだけ
天空不會動 區別只在於太陽的昇起和降落

地面が動かない 君が歩くか 歩かないかだけだ
地面不會動 區別只在於你走與不走



真夜中の詩が叫んだ「僕ほんとうは 独りが嫌いだ 大嫌いだ」
深夜裡 歌聲憾天「其實我討厭孤單 很討厭」

大切を知ってしまった あの日からずっと
從知道珍惜的那天開始便一直

幸せなんて 小さなスプーンで掬えるくらいで 充分なんだ
幸福只要小小的勺 能掬起那一點 便足夠了

分け合える人がいるか いないかだけだ
區別只在於 有沒有能互相分享的人在而已



強がる度にひびが入る 心はそう まるでガラス細工が見せる 儚い夢
每次只會逞強 那受傷的心便是如此 宛如玻璃雕塑中看見的虛幻之夢

純粋をぶつけあうのが怖いから 僕らはみな
因害怕互訴真心
すれたふりをして不透明な世界に住みついた
我們都假裝居住在 不透明的世界裡



重たい自由を引きずって 歩いてた
拖著沉重的自由而行

別れがくる度 空が遠ざかってくように見えた
離別再臨時 天空彷彿離我們遠去



さよならの雨が呟いた「借りたままの傘があるんだ ここにあるんだ」
雨水輕說再見「有一把未歸還的雨傘 仍在這裡」

借りたままの優しさが この胸にずっと
還有一份未歸還的溫柔 一直留在心中

僕にはまだ あきらめていない再会がある 約束がある
然而我們依然沒有放棄 必定能再相見 已經約定好了

星屑をベッドにして 眠っているあの人に
寢著星辰 安然而睡的某人


季節のない街に しゃがみこむ男の子
無法分辨季節的街上 蹲坐的男孩

頭を撫でてくれる人が いなかっただけ それなのに
只是輕撫他頭的人 已經不見了 明明僅是如此



星と見つめあう 寒がりな子供達
仰望著星辰 怕冷的孩子們



真夜中の詩が叫んだ「僕ほんとうは 独りが嫌いだ 大嫌いだ」
深夜裡 歌聲憾天「其實我討厭孤單 很討厭」

独りぼっちで 生きてゆけてしまうなんてこと
要孤單一人生活下去 才不要這樣

幸せなんて 小さなスプーンで掬えるくらいで 充分なんだ
幸福只要小小的勺 能掬起那一點 便足夠了

分け合える人がいるか いないかだけ
區別只在於 有沒有能互相分享的人在而已

真夜中の詩が叫ぶよ「僕ほんとうは 僕ほんとうは 淋しかった」
深夜裡 歌聲憾天「其實我 其實我 一直很寂寞」

太陽の眩しさに かき消されても
就算要被太陽的光芒所籠罩全身

さぁ 旗を振ろうか 肩を組もうか ただ歌おうか どれでもいいよ
來吧 搖動旗幟吧 圍抱著肩 只是歌唱吧 怎樣都可以

分け合える君がいるか いないかだけだよ
我只在乎有沒有你陪我分享而已