作詞.作曲:松任谷由実
編曲:松任谷正隆
歌:元ちとせ (元千歲)





春のかたみ


空を埋める花のいろ
うつりにけりなわが恋
やがてすべてが過ぎ去るあとも
あなただけを想う

いつか春の夕まぐれ
初めて口づけした
幻のような香りの中で
あなただけを想う

求め合った哀しさよ
降りしきり包んでよ
前も見えず、息も出来ず
あなただけを想う

儚い春のかたみには
いちばん綺麗なわたしを
あなただけに、あなただけに
とどめたいと思う

舞い踊る花の宴
月は止まったまま
もうおそれも戸惑いもなく
流れいくまま

あなたの胸にこの身を任せ
私は死んでいこう

前も見えず、息も出来ず
あなただけを想う

やがてすべてが過ぎ去るあとも
あなただけを想う

ああこの声が聴こえますか
あなたを想う声が





追憶春天

雲朵間的花色
染上純真的戀意
當這一切都成過去
唯獨你在我心裏

某個春日黃昏
是你我的初吻
夢幻般的香氣裏
我只想著你

我倆可悲的彼此渴求
團團包裹住小世界
看不見前方,也無法呼吸
而我心裏仍只有你

虛幻的春日追憶
最美麗的我
只想為你,只想為了你
留住這身影

起舞花宴 月兒靜影
一切已毫無疑懼 任憑流去

依偎在你的胸口
我將死去

看不見前方,也無法呼吸
而我心裏仍只有你

當這一切都成過去
唯獨你在我心裏

唉,你聽得見這聲音嗎
這思念你的聲音