演唱 : 小清水亜美
編曲/作詞 : 梶浦由紀


靜かに二人を 包んでいた 绮麗な動かない時間から
羽根を広げ飛び立つ時が もうそばに來てるよ


碧の夜の中寄り添って 無口な慰めをくれたから
どんな時も

その溫もりを 抱きしめて行ける

夢の住むこの場所を 守りたいずっと
風の音運命の歌が 響いて 燈火を手にとって冬空を
照らす 胸の星をただ信じて

空を行く 鳥たちの交わす泣き聲 暮れてゆく草原に 響いてるよ
安らぎの大地へと 帰るため 最後の風を 越えて行く


ひたいに

散り散りとゆうなぎが 岚の預感を 箱でくる
貴方に 深く風の全を 受け入めてあげたい

優しい時間たげていいのに 命は切なさを 來れるのね
二人でいた

樂たげを 抱きしめて行くは


愛の住むこの場所を 守りたいずっと 身なこど運命にやかれてもいい
燈火を手にとって冬空を
照らす

胸の星をただ信じて

空を行く 鳥たちの交わす泣き聲 暮れてゆく草原に 響いてるよ
岚を越えて著とりつく場所は きっと

貴方の胸の中
歸るわ