歌曲名稱:Eterna
Vita Eterna”意思是無盡的生命
演唱者:田中理惠

歌詞如下:

空遠く 雲追えば 樹點の風 続く道
在天空的彼端,伴隨樹木的風,在那延續的道路上,追趕著雲朵嬉戲
夢ならば 醒めないで・・永遠に 醒めないで
如果這是夢的話,我不願醒來,永遠不要醒來
懐かしき その唄を 僕たちは 目印に
那種懷念和那童謠將成為我們的印記
愛ならば 時間(とき)を越えて 出會える はずという
如果這是愛的話,應該讓我們超越時間來相會
ゆらり ゆらり 揺られる メロディ
輕輕搖動,輕輕搖動,被那旋律搖動著
笛の音(ね)は 優しく
笛子的聲音啊,是多麼的優美
美しき世界は いつか 移ろうもの
美麗的世界,是不管何時都不會發生變化的
きらり きらり 風に光る,“過去”(あの日)の欠片
那回憶的碎片,在風中一閃一閃的
そっと あつめた
偷偷地,將碎片收集在了一起
耳をすませば 遙か遠い何処かで 誰かが 君を 呼んでいる
來,側耳傾聽,在遠處的什麼地方,是誰在呼喚著你
遙か遠い何処かで 誰かが 君を 呼んでいる
在遠處的什麼地方,是誰,在呼喚著你……
la la la la la la la la la la.....
啦啦啦啦啦……
果てしなく 続く道 悲しみを 背負う肩
在沒有盡頭的延續的道路上,肩頭背負著悲傷
口ずさむ この唄は 終わらない 物語
哼唱著這首不會結束的浪漫的故事
懐かしき その唄を 魂が 覚えてる
懷念,那首童謠讓靈魂記起
友ならば 時を越えて(出)會える この場所
如果是朋友,就能超越時間在這裡相會
ゆらり ゆらり 漂う メロディ
搖動著,搖動著,被飄蕩著的旋律搖動著
暖かい 揺り籠
那裏就像是一個溫暖的搖籃
慈しむ世界は いつも か弱いもの
在那慈祥的世界裏,無論什麼時候,柔弱的東西都會受到保護
ポロリ ポロリ ほろり 涙 こぼれ 落ちてく
情不自禁的落下眼淚,眼淚情不自禁地落了下來
そっと 觸れたい
偷偷的擦拭掉淚光
千の風と 千の花と 千の虹と 千の星を
和無數的風,和無數的花朵,和無數的彩虹,和無數的星辰
春の森を 夏の樹點を 秋の花を 冬の月を
春天的森林,夏日的樹木,秋天的花朵,冬天的月亮
帰らない この時が 永遠に 続くなら・・
不願回去,這個時刻如果能永遠的延續
夢ならば 醒めないで 永遠に 醒めないで
如果是夢的話,不願醒來,永遠也不願醒來
空遠く 雲追えば 樹點の風 続く道
在天空的彼端,伴隨樹木的風,在那延續的道路上,追趕著雲朵嬉戲
君となら また會える いつかまた 時を超え
超越了時間,無論什麼時候,都會和你再度相遇的
懐かしき この唄を 僕たちは 目印に
那種懷念和那童謠將成為我們的印記
友ならば また會える いつの日か この場所で
如果是朋友,在未來的某個日子裏,我們還會在這裡相會