岩壁之母歌詞
 
引揚船己經回來了,她的兒子卻是又擱沒回來。這首岩壁之母所寫的歌詞的媽媽和故事是真人實事。
 
(一)媽媽來了,今天也又來了,今日再度來到這個碼頭的所在,再等待著你。「阿母在這塊等你,你有看到嗎?」她非常的難過站在港邊說:「鶴如果飛走了都會回來,但是兒子你會去卻是不會回來,你如果不能回來,只要大大聲叫一聲說「媽媽我不能回去」,拜託只要講一聲就好,讓媽媽知道你平安就好了。」
「兒子啊!阿母真希望你遠遠回來,叫一聲阿母!雖然咱分開千山萬里,但這不遠,這一點也不算遠。」
 
(二)「經過己經十年了,兒子現在是怎樣在過日子呢?霜雪那麼重的西伯利亞,一定很寒冷!一定是生活的很艱苦!但是不要緊,阿母沒死的話,阿母要用阿母身軀的體溫,將你擁抱著,將你的身體溫熱,到這一天來以前,阿母絕對不願死,不管多久我都要等待。」
 
(三)這個悲苦願望己經祈禱十年了,只有神明才能了解,才能了解我的這個悲苦的心情,這種比風、比流雲還悲慘的運命,這個悲慘的運命,現在只有靠一支柺杖在支持而己。
 
岸壁の母
作詞:藤田まさと 作曲:平川浪竜
歌:菊池章子、二葉百合子
母は来ました 今日も来た
haha wa ki ma si da kyou mo gi da
この岸壁に 今日も来た
ko no ga n pe gi ni kyou mo gi da
とどかぬ願いと 知りながら
to lo ta nu ne ga i to shi ri na gara
もしやもしやに もしやもしやに
mo shi ya mo shi ya ni mo shi ya mo shi ya ni
ひかされて
hi ta sa re te
 
(セリフ/台詞)
また引揚船が帰って来たに、今度もあの子は帰らない…
この岸壁で待っているわしの姿が見えんのか…
港の名前は舞鶴なのに何故飛んで来てはくぬのゃ…
帰れないなら大きな声で…
お願い…
せめて、せめて一言…
 
呼んで下さい おがみます
yo n de ku la sa i o ga mi ma su
あゝおっ母さん よく来たと
a a ok ka sa n yo ku ki ta to
海山千里と 云うけれど
umi yama se n rito i u kere lo
何で遠かろ 何で遠かろ
na n de to oka ro nande to oka ro
母と子に
haha to ko ni
 
(セリフ/台詞)
あれから十年…
あの子はどうしているじゃろう
雪と風のシベリアは寒いじゃろう…
つらかったじゃろうといのちの限り抱きして…
この肌で温めてやりたい…
その日の来るまで死にはせん
いつまでも待っている…
 
悲願十年 この祈り
hi ga n ju ne n ko no i no ri
神様だけが 知っている
ka mi sa ma da ke ga si te i ru
流れる雲より 風よりも
na ga re lu  ku mo yo ri ka ze yo ri mo
つらいさだめの つらいさだめの
tsu ra i sa da me no tsu ra i sa da me no
杖ひとつ
tsu e hi to tsu
 
(セリフ/台詞)
ああ風よ、心あらば伝えてよ
いとし子待ちて今日もまた
怒涛砕くる岸壁に立つ母の姿を…